この記事の執筆者:HachiSOWAKA スタッフ)

長久手×木造戸建てリノベーション

街と自然が共存している魅力たっぷりの愛知県長久手市

今回ご紹介するリノベーション事例は、自然に囲まれた場所にひっそりと建つ『自然に抱かれた一軒家』。

空き家だった築24年の既存住宅を「暖かく、涼しく、静かに、1年中快適に過ごせる住まい」へとリノベしました。

まるで森の中にいるようなアウトドア空間を再構成するための計画がスタート。

デザインだけでなく、木造の戸建住宅を次の時代に受け継ぐための性能向上リノベーションにもチャレンジしました。

物件詳細

  • 所在地 : 愛知県長久手市
  • 家族構成 : ご夫婦+お子様
  • 施工面積  : 104㎡
  • 施工期間  : 4ヵ月
  • 施工金額  : 1,500~2,000万円

このリノベーションを施工したリノベーション会社

株式会社SOWAKAは、尾張旭市近郊や名古屋市を中心に暮らしそのものをリノベーションしています。

「こんな家に住みたい」、「こんな暮らしがしたい」と言ったご要望に加えて、ご予算も含めたたくさんの思いをお伺いした上で、最適な家のプランをご提案させていただきます。ビル、マンション、戸建て、鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造、混構造など様々な用途や構造にも適切に対応ができるSOWAKAならでは提案力で、あなたの夢を叶えるお手伝いをいたします。

まるで森の中にいるかのよう!大きな窓が魅力のリビング空間

ここがpoint

リビングのドアを開けると一番に目に飛び込んでくる、壁一面の大きな全面開口の窓

どこにいてもフレッシュな緑の自然を眺めることができるLDKは、まるで森の中にいるような圧倒的な存在感です。

実はこの窓は、構造上の主要部分である柱と筋かいを残すために、建物の外側へ250ミリ増築することで実現した窓耐震金具を使うことで耐久性も強くすることができました。

また、増築した際に生まれた上部のスペースに、埋め込み式のロールスクリーンボックスを入れ込んでいます。カーテンそのものやレール等の余計なデザインをなくしつつ、しっかりとプライバシーも確保できます。

ここがpoint

  • リビングには2段のダウンフロアを新設。天井が高く見えるので、開放感抜群です!
  • 天井は優しい木目調のビニルクロスを採用。

リビング空間には、2段のダウンフロアを設置。座った時に上の段を背もたれとして使うことができたり、好きな高さでくつろぐことができますね。

より床に近い生活スタイルでくつろぐロースタイルリビングは、天井が高く感じられて開放感があり、ダイニングとリビングをゆるやかに仕切ることができる魅力があります。

また、パッと見ると木材かと思う天井は、木目柄のビニルクロスを採用。主張しすぎない木目は優しい印象を感じることができ、外の自然との一体感がさらに深まりました。

ビニルクロスは木材よりもリーズナブルに使うことができるので、予算を抑えたい方にもおすすめの素材です。

ここがpoint

  • 窓際にできたベンチは日当たりが良く、家族みんなの人気スポットに
  • 風の通り道となる窓は、大人が外を眺めることができる絶妙な高さに設計しています。

窓際のベンチは家族団らんの場所。

日当たりも非常に良く、家族ひとりひとりがお気に入りクッションを揃えたくなるような空間となりました。

横長の窓は、家の中を爽やかな風を通す為に作った窓で、窓の下側が開く『すべり出し窓』になっています。

窓の上にはエアコンを設置できる空間を計算しつつ、自然いっぱいの外を大人が簡単に覗くことができる高さになるよう工夫しています。

ここがpoint

  • 取り出しやすく、飾り棚としても使えるオープンシェルフ
  • テレビ周りのごちゃつきが隠せるように、デッキやルーターは別場所に専用の場所を用意

扉の開閉動作が不要なオープンシェルフは、取りだしやすく片付けやすいのがメリット

飾り棚としての要素も強く、見せる収納としてインテリアや雑貨を飾っても楽しめます。

奥の壁面下の小さな空間はデッキやルーター用の保管場所。壁付け予定のテレビ周りをスッキリと見せる為に、配線を全く見せない工夫をしています。

LDKの雰囲気と調和し、工夫がたくさんのキッチン

ここがpoint

家族の様子を見ながらお料理ができる、リビングダイニングと一体感のあるキッチン

ここがpoint

キッチンの通路幅は1歩半の広さがおすすめ!

実はキッチンの使いやすさに大きく影響する通路幅。

狭すぎると2人以上でキッチンに立つ際やすれ違う時にストレスになりますし、食洗器が開けにくい、なんてことも起こり得ます。逆に広すぎると、移動距離が多く無駄な動きができてしまいますね。

これまでの経験から、1歩半程度で考えていただくのをおすすめしています。

あわせて読みたい!

リノベーション|キッチンの種類とそれぞれのメリット・デメリット

近年、新築住宅の価格高騰の影響もあり、リノベーション人気が高まっています。 テレビ番組やYoutubeなどの動画コンテンツでリノベーションを特集などを見ながら、「我が…

ここがpoint

  • お気に入りの物を飾って楽しむことができる、オリジナルのオープン造作棚
  • コンセントは専用回路を作って、大量電力を使う家電にも対応!

奥さまのご趣味である「陶器のコレクション」を飾って楽しんでいただけるよう、飾ることを意識したオープン棚魅せるインテリアとして楽しめる空間に。

キャビネットの上部分は、お子様と一緒にお料理をする際の作業台にもすることができます。

棚に何を収納していきたいのか、何度もお打合せを重ねて設計した、想いがたくさん詰まったオリジナルの造作棚になりました。

また、壁面に付いているコンセントは、専用回路を作っています。

通常回路ですと、電力を多く使う家電を使う際にブレーカーが落ちてしまう事があります。そういったストレスも少なくなるように設計をしています。

ここがpoint

コンセントやスイッチひとつひとつの位置にもこだわろう

キッチン上部の照明スイッチは、キッチン手前の手元に配置。

この位置ですと、キッチンへの行き来をしながらパッと付けたり消したりすることができますね。

また、カウンターの壁にあるコンセント位置にも注目!キッチン側とリビング側両方から使うことができて、とても便利です。

ここがpoint

大容量のパントリーには冷蔵庫もすっぽり

キッチン横に設けたパントリーには冷蔵庫もすっぽりと収める設計をしました。

お客様が来ている際には扉をしまうだけで、一気に生活感のないおしゃれな空間にすることができます。

棚付きの部分には買い置きの食材や調味料、お子さんのおやつなど、たくさん収納することができるのが嬉しいですね。

ここがpoint

ハイドアの扉で高さを揃えると、部屋全体をすっきりと見せる効果が!

パントリーの扉は床から天井までのハイドアの扉を採用。

天井のラインを全て揃えることで、視覚的に壁と一体化させ部屋全体をすっきりと見せることができます。

もっと見たい!こだわりのポイント

ここがpoint

まるでお店のディスプレイような大型ウォークインクローゼット

歩いて入れる大きなウォークインクローゼットは、リノベーションでも人気の空間。

使いやすい&散らからないスペースを保つためには、収納力だけでなくインテリア性も大切です。

オシャレなご夫婦だからこそ美しく整えられるWICの魅せ方がこれから楽しみです。

ここがpoint

お風呂を出てすぐの所にある収納棚は、家事楽ポイント◎

お風呂を出てすぐのスペースに設けたオープン棚には、バスタオル類を収納することができます。

この棚がある事で、「タオルを忘れてお風呂に入ってしまって困った!」というような小さなストレスを取り除く事ができて、日々の暮らしの快適さが少し向上しますね。

ここがpoint

回遊できる動線で無駄な動きを少なくして、暮らしやすさを追求

玄関から洗面室→リビングといった回遊できる動線を取り入れる事で、自宅内での移動を効率化し快適さが向上しました。

あまり意識していない方も少なくないのですが、実は住宅内の動線が良くなるだけで暮らしやすさが大きく改善します。「動線を変えると暮らしが変わる」と言われるほどなんです。

玄関から洗面台を経由して、リビングに繋がる動線は、帰宅後の手洗いが当たり前の習慣となった現代に合わせた合理的な仕様となっています。

ここがpoint

家族や来客が多いご家庭におすすめのL字型玄関土間

家族が並んで靴を履いたり、来客時には玄関が混み合うことなく、スムーズな動線を確保できます。

お出かけの際にストレスなく出発できるのは嬉しいですね。

ここがpoint

玄関から見えない場所に下足収納を作ったことで、玄関自体もすっきりと見えます。

ここがpoint

タンクレストイレと手洗い器は白で統一して、清潔感のあるシンプルな空間に。

間取りのBefore/After


気になる断熱リノベーション

断熱には『セルロースファイバー』を採用

今回ご紹介した物件の断熱には、『セルロースファイバー』という断熱材を採用させていただきました。

セルロースファイバーとは、新聞紙をリサイクルした天然紙(パルプ)からできていて、地球環境にも住む人にも優しい素材です。それを内壁と外壁の間に吹き込むことで、断熱効果を発揮します。

さらに断熱効果が強いだけではなく、以下のような優れた特徴も持っています。

『セルロースファイバー』の特徴

  • 高い断熱効果
  • 地球や人に優しいエコな素材
  • 吸湿性が良く、快適な湿度を保つことができる上、結露やカビ予防もできる
  • シロアリやゴキブリなどの害虫予防が可能
  • 高い防音性と防火性能があり、安心できる

また、セルロースファイバーは細かい断熱材を壁の空洞に大量に詰め込んでいくため、隙間を作らず高密度に施工することができます。

現在日本の住居で最も広く使われている『グラスウール』と比較しても、優れた断熱材だと言えるでしょう。

尾張旭市でリノベーションを専門としている弊社【株式会社SOWAKA】では、この『セルロースファイバー』を標準仕様として提案しています。施工経験も多くありますので、気になる方は一度お問い合わせください。

高い断熱性のある窓を採用

お客様の希望で大きな窓を計画したこちらのリノベーション物件。窓の断熱性能が非常に重要になってきます。

今回は、U値1.67の高性能樹脂窓LOW-E複層ガラスを採用することで、高い断熱性能を実現することができました。

U値とは、熱の伝えやすさを示す値で、値が小さいほど断熱性能が高いということになります。

また、LOW-E複層ガラスは、二重ガラスの内側に熱の伝わりを抑えるLow-E膜をコーティングして性能を向上したガラスの事で、非常に高い断熱効果を発揮します。

大きな窓でも工夫次第で、夏は涼しく冬は暖かい、快適な住まいにすることができます

実際のお客様からの声

今回ご自宅のリノベーションをしたA様ご家族

ご夫婦と元気な男の子の3人家族のA様。

空き家だった築24年の木造住宅をフルリノベーションしました。

『もう一度やりたいくらい、リノベーションは楽しかった!』

実際のお客様のお声をご紹介させていただきます。

リノベーションを選択した理由は?

家を壊すのはもったいないと思っていたので、『家を生き返らせる』という想いに共感したのが一番のきっかけです。

完成して、住んでみてから感じたリノベーションの魅力は?

自分たちの生活スタイルに合った住まいを作ることができることです。キッチンや洗面台の高さ、収納の大きさのひとつひとつをオーダーメイドできるのは嬉しいですね。
また、自分たちのイメージや思いが形になっていく過程を見ることができ、完成した時はとても感動しました。

住んでみて、住み心地はいかがですか?

暖かさと涼しさが全然違います。迷っていた床暖房も付けなくてよかったです。風通りも良いですし、光熱費も節約できて助かります。

これから住宅リノベーションを考えている方へメッセージをお願いします!

まずはとにかく何でも相談をすることです。リノベは生活スタイルに合わせて『変幻自在』なので、打合せで想いを伝えることが大切です。

Youtubeでもさらに詳しくご覧いただけます

長久手市のリノベーションについてもっと詳しく知りたい方はこちら

長久手市でリノベーションをするなら株式会社SOWAKA|リノベーションを行う際のポイントや気を付けたい点などをご紹介

長久手市で中古戸建や中古マンションのリノベーションを検討中の方に向けて、メリットやデメリット、業者選びのポイント、長久手でのリノベーション事例や工事の流れなど…

長久手市のリノベーションは株式会社SOWAKAへ

株式会社SOWAKAは愛知県内で数多くのリノベーション案件を手掛けており、長久手市内でも木造住宅や鉄骨造住宅、マンションなどのリノベーション実績があります。

「こんな家に住みたい」、「こんな暮らしがしたい」と言ったご要望に加えて、ご予算も含めたたくさんの思いをお伺いした上で、最適な家のプランをご提案させていただきます。

ビル、マンション、戸建て、鉄筋コンクリート造、鉄骨造、木造、混構造など様々な用途や構造にも適切に対応ができるSOWAKAならでは提案力で、あなたの夢を叶えるお手伝いをいたします。

SOWAKAの強み ~得意としていること~

SOWAKAはマンションなどの鉄筋コンクリート造だけではなく、在来木造、重量鉄骨造、軽量鉄骨造もリノベーションすることができる強みがあります。

また、建物内部を全て取り払って新しい住まい方の提案や断熱性能を高めた省エネ改修が得意です。

建設分野では新築よりも改修の方が計画をすることや実際に工事を行うことが技術や知識、実績が必要でコストもかかると言われていますが、当社では、あえて難しいリノベーションをメイン事業として挑戦し続けています。

SOWAKAのリノベーションはこんなお客様に喜ばれています

  • 家族が増えたり、子どもが独立をして生活が変わった
  • 中古住宅を購入して新しい生活を始める
  • 実家を相続した
  • 実家に戻ることになったから二世帯住宅にしたい
  • 建て替えや新築も考えたけど資金が足りない
  • 家族や自分の今後に備えたい

SOWAKAのリノベーション概算費用

改修床面積 × 12万円~17万円(内部リノベーションの場合)

  • 改修床面積80平方メートルのマンションだと 960万円~1,360万円
  • 改修床面積120平方メートルの戸建てだと1,140万円~2,040万円

価格は、土地の形状や環境、建物の築年数や構造、状態、希望する間取りや仕上げ材によって異なりますので、あくまで当社標準仕様で計算をした場合となります。

ぜひ一度私たちの想いを感じて下さい

SOWAKAの想い - 名古屋でリノベーションするならSOWAKA

どんな暮らしがしたい? 家づくりを考えはじめると 「そこで暮らしていく」ということを考えるきっかけがうまれます

リノベーションの
お問い合わせ・ご相談

住まう人それぞれが自分らしい暮らしをスタートする、
継続するためのお手伝いをするのがわたし達の仕事。

株式会社SOWAKAは、名古屋でくらしをリノベーションする会社です。
あなたが創造する住まいの想いを
私たちにお聞かせください。